認知症サポーター研修

4月6日、認知症サポーター研修を行いました。

 

認知症の方が増えていく中、地域や職場などで、認知症とともに歩む姿勢が問われています。

認知症サポーターとは、認知症に関する正しい知識と理解をもち、地域や職域で、認知症の人や家族に対してできる範囲で手助けをする人のことです。特別な職業や資格ではなく、約1時間半ほどの養成講座を受講すれば誰でもなる事ができます。

 

認知症とはどのようなものなのか?

認知症介護をしている人の気持ちは?

認知症の方と接するときの心構え、等々を学び、

受講後はオレンジリングを受け取る事ができます。

 

興味がある方は、ぜひ自治体等で開催される認知症サポーター講座などに

参加してみてはいかがでしょうか。

広報担当N