ショートステイ

当施設のショートステイ開始日はこのページでお知らせいたします。

ショートステイとは

ショートステイとは短期入所生活介護ともいわれ、要介護の高齢者が数日~1週間くらいの短期で施設に入所できるサービスのことです。連続利用日数は最長30日までとなっており、31日目からの利用料は全額自己負担となります。

・ショートステイのタイプ

ショートステイは「併設型」と「単独型」の2つの事業所タイプに分けられます。

「併設型」と呼ばれるタイプは特別養護老人ホームや介護老人保健施設などに併設されていて、こうした施設の部屋に宿泊します。

「単独型」と呼ばれるタイプは、高齢者向け施設に併設されていません。ショートステイ専門の施設に宿泊します。

当施設は「併設型」になります。

・ショートステイを利用できる人

当施設のショートステイは要支援1・2、要介護1~5の認定を受けた人と、40歳~64歳で特定疾病により要支援・要介護と判断された人がショートステイを利用することができます。

ショートステイでは、食事や入浴、洗濯、排泄の手伝いといった日常生活の介護のサービスが受けられます。

  • ショートステイを利用するには

ショートステイは、在宅で介護をしている人がどうしても家を空けなければならないとき、介護を休みたいときなどに便利なサービスです。